Physics of Energetic and Non-thermal plasmas in the X (= magnetic reconnection) region (PhoENiX)

PhoENiX計画は、磁気リコネクションに伴う粒子加速の理解を科学目的とした衛星計画で、磁気リコネクションが引き起こす太陽フレアを観測対象とし、粒子加速場所の特定、加速の時間発展の調査、加速の特徴の把握を目指します。そのための観測手法として、高いダイナミックレンジを確保した軟X線〜硬X線の2次元集光撮像分光観測と、高精度の硬X線〜軟ガンマ線の偏光分光観測を行います。これらの観測手法を用いた太陽フレア観測は、世界初の試みであり、高精度ミラーと高速度カメラ・高精度検出器を用いて実現します。衛星の打ち上げは、次の太陽活動極大期付近である2025年頃を目指しています。

Physics of Energetic and Non-thermal plasmas in the X (= magnetic reconnection) region (PhoENiX)

PhoENiX計画は、磁気リコネクションに伴う粒子加速の理解を科学目的とした衛星計画で、磁気リコネクションが引き起こす太陽フレアを観測対象とし、粒子加速場所の特定、加速の時間発展の調査、加速の特徴の把握を目指します。そのための観測手法として、高いダイナミックレンジを確保した軟X線〜硬X線の2次元集光撮像分光観測と、高精度の硬X線〜軟ガンマ線の偏光分光観測を行います。これらの観測手法を用いた太陽フレア観測は、世界初の試みであり、高精度ミラーと高速度カメラ・高精度検出器を用いて実現します。衛星の打ち上げは、次の太陽活動極大期付近である2025年頃を目指しています。